実際のところ法的にどうなのだろうか?

実際のところ法的にどうなのだろうか?

海外に運営者がいてもプレイヤーが日本にいれば弁護士等の専門家の中にも、違法であるという見解をもっている人が少なくないです。外国のオンラインカジノで遊んでいて実際に摘発・逮捕をされた人は日本にはいません。

カジノでの賭けはアングラカジノ(地下のカジノ)での摘発・逮捕のニュースが相次いでいるのを見ても分かるとおり、明らかに違法です。とはいっても、海外に存在するオンラインカジノで日本にいる人が賭けたときに、日本の賭博罪等が適用されるかどーかについては、実のところ微妙なところです。

そのため、カジノのゲームをそのような店でする事はまるですすめられません。そういう店で賭ける行為は、国外のオンラインカジノを道具に利用していたとしても、胴元が国内にいるため賭け自体は国内で成立してるというのが司法の立場です。

グレーな状態でそういう意味で、あるというのが実態です。日本にいてオンラインポーカーやオンラインカジノで賭けることは日本に住む人にとって問題なのは、法的にどーなんだろうか?という事でしょう。

賭けの主催者が国外にいて、すべての運営はオンラインカジノでは海外で行われてるので、日本の法律の対象になるのか如何かもコレが良く分かりません。(国内の競馬法で罰せられた人は海外の馬券サイトのノミ行為により既にいますので、ネット上のサイトで日本の競馬の馬券を購入することはやめたほうがいいでしょう)通常の地下のカジノ(アングラカジノ)で遊んでいるのとその意味では、おなじ事になります。

といっても、国外のカジノに行けば、日本に住んでいる人でも、そこでいくら賭けても問題ありません。ただ、リスクが法的にあるのは事実です。

そのようなリスクを自覚して遊ぶ必要があるでしょう。逮捕・起訴された人が実際にいないので、司法の結論が合法なのか如何か出てません。

店を繁華街などに構えているネットカジノカフェ(オンラインゲームカフェ)の場合、摘発・逮捕された例が実際に多数あります。新聞の取材にたいして、警察庁は違法であるとの見解を示してます。


ホーム RSS購読 サイトマップ